印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

《日革研究所製ダニ捕りマット・ダニ捕りロボ総販売元》
  TCB JAPAN




お客様からいただいた質問をいくつかの項目に分けてQ&A形式でまとめました。



目 次

【Question】ダニ・昆虫についてのQ&A 

ページの先頭へ


 【Question】ダニアレルギーについてのQ&A 

◎ダニは昆虫ですか?


2-1.jpg

  • いいえ。ダニは昆虫ではありません。昆虫とダニとの大きな違いは、脚の数です。昆虫は脚が6本に対し、ダニは8本あります。ダニは生物学的分類ではクモの親戚にあたります。昆虫は頭、胸、腹に当たる部分がくびれ、明確な3体部で構成されています。ダニは頭、胸、腹の部分が1つに融合し、体部にくびれの部分がまったくないのが大きな特徴といえます。

ページの先頭へ

◎家の中にはどんなダニがいますか?


  • 日本の家の中で発見されるダニは、約100種類ほどです(通常15種類程度)。その中でもっとも多いのが、チリダニです。このダニが通常全体の80~90%を占めます。その他、イエササラダニ、ツメダニ、コナダニ、ニクダニ、ホコリダニなどが代表的です

 

主なダニ(     )は代表的なダニ名 構 成 比
チリダニ科(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ) 80~90%
イエササラダニ科(イエササラダニ) 10~15%
ツメダニ科(ミナミツメダニ・クワガタツメダニ) 4~5%
コナダニ科(ケナガコナダニ) 1~2%
ニクダニ科(イエニクダニ) 0.5~2%
ホコリダニ科(ナミホコリダニ) 1.5%



ページの先頭へ

◎家のどこにダニが一番いますか?


  • ダニの種類によって多い場所は変わってきます。数で言えばジュウタン、寝具、畳の順になります。もちろん、布製のソファやぬいぐるみも多いです。とにかく餌(人のアカ、食べこぼしなど)がたまりやすいところ、潜りやすいところ、湿気があるところを好みます。

ページの先頭へ

◎ダニは飛びますか?



  • ダニは翅(はね)がないので、飛びません。非常に軽いので、風にながされて移動したり、動物などについて移動することもあります。

ページの先頭へ

◎ダニは見えますか?


  • 通常、家の中にいる屋内ダニは肉眼で見るのは、大変難しいと思います。チリダニで体長0.3~0.4mmくらいです。
  • 屋外ダニの大きいものは、見ることができます。野外にいるマダニは大型で2~4mmくらいの種が多いですが、特に大きいものは10mmに達するものもいます。

ページの先頭へ

◎ダニに噛まれるとチクッとした感覚はありますか?


  • ダニに噛まれても、チクッとした感覚はありません。むしろ、知らない間に噛まれていることが多いでしょう。家の中でチクッとした感覚で刺されるのはアリガタバチの可能性が高いと思います。

ページの先頭へ

◎ダニの多い家ってどんな家? 少ない家って?


  • チリダニなどの屋内ダニは部屋の中が高温多湿(温度20~30℃くらい、湿度60~85%くらい)で、人のアカや食べこぼしなどの餌が豊富にあり、ジュウタンなどの潜って卵を産める環境をたいへん好みます。
  • ダニが多い家はそういった環境下であり、掃除をあまりしない家は非常に多い傾向にあると言えます。いつも掃除を心がけている家は比較的少ない傾向にあると言えます。

ページの先頭へ

◎痒みの原因のダニって?


  • 屋内ではツメダニの被害といわれています。しかしながら、このダニは積極的に人を刺したりしないため、大量に増えた場合などに限られるようです。
  • またネズミがいる場合はイエダニの被害、鳥の巣などがある場合はトリサシダニ、ワクモ、スズメサシダニなどが挙げられます。また、倉庫やワラに住むシラミダニも人を刺します。屋外に生息する刺すダニは、野ネズミや野生動物に寄生しているツツガムシやマダニなども人を刺します。

2-2.jpg


2-3.jpg



ページの先頭へ

◎本に小さな虫が・・これってダニ?


  • 本などでよく小さな虫を見かけたりします。これはヤマトシミの可能性が高いと思います。ヤマトシミは暗いところを好み、書籍、和紙類、糊付けした紙類を食べます。体長は8~9mmくらいあります(ダニは1mm以下)。

ページの先頭へ

◎畳にダニみたいな虫が・・これってダニ?


  • 通常、畳にいるダニはチリダニ(ヒョウヒダニ)、イエササラダニ、ツメダニ、コナダニなどです。ただし、人間の目には見えないほどの大きさ(0.1~1mm)です。ダニとよく間違えられるのはチャタテムシ(体長1~1.3mm)です。お客様よりダニではないかと送られてくるのは、ほとんどこの虫でした。。

ページの先頭へ

◎服にもダニはつきますか?


  • つきます。目には見えませんが、仕事場やいろいろな場所に行ったりした時や洋服ダンスからそのまま出してきた服などにはダニはついていることが多いです。下着や洋服などはよく洗濯をし、天日で乾燥した後はよく乾燥した場所に保管するようにしましょう。


2-5.jpg

ページの先頭へ

◎公共の場所にもダニはいますか?


  • 電車の中や劇場、ホテルのソファなどなどあらゆる場所にダニは存在します。当然、洋服にもつきますので家に持ち込むこともあります。

2-6.jpg

ページの先頭へ

◎新しい服や布団にもダニはいますか?



  • 最近は輸入物も増えてきました。洋服、布団などもたくさん輸入されています。作られた場所の環境や移動するときの環境、販売先の環境・・etc。新品でもダニがついている可能性は高いと考えられます。

ページの先頭へ

◎家の中にどんなダニがいるか調べてくれるところはありますか?


  • 市町村により異なりますが、保健所で対応しているところもあります。一度、お近くの保健所に問い合わせてみてください。
  • また、一般の会社やNPO法人でも調べてくれるところもあります。

ページの先頭へ

◎犬や猫にダニはいるの?


  • 犬に寄生するダニは犬の顔や耳の皮膚に潜り込んでトンネルをつくり、その中で繁殖するイヌヒゼンダニや犬や猫の外耳道に寄生するイヌミミヒゼンダニ、猫に寄生するネコショウセンヒゼンダニなどが代表に挙げられます。これら犬や猫に寄生するヒゼンダニは人には寄生することはありませんが、その部分が人の皮膚に触れたりすると、皮膚炎などを起こします。

ページの先頭へ

◎皮膚の中にダニがいるってほんと?


  • 本当です。大きく分けて2種類のダニがいます。まず、はじめにニキビダニというダニは体長約0.3mmで人に被害はありません。人の毛穴で生息し、老廃物を食べてくれる益虫です。といっても、ステロイド剤などを多量に塗ってこのダニを過剰に増殖させると、皮膚炎を発症することがあります。2番目はヒゼンダニです。このダニは毛穴や皮膚に生息し、メスは表皮の下の角層内にトンネル状のすみかを作り、そこに産卵して増殖します。このダニは疥癬症(かいせんしょう)と呼ばれる皮膚炎を引き起こし、非常に痒みが強く、夜も眠れないほどです。疥癬症は発病した人と寝食をともにしたりすると伝染する感染病で、よく集団発生します。最近ではお年寄りや年少児が集う老人ホームや保育園、病院などでも多発しています。


2-7.jpg


ページの先頭へ

◎鳥についているダニって?


  • 野鳥に寄生するダニはスズメサシダニやワクモ、トリサシダニなどの吸血性のダニです。このダニは通常鳥に寄生していますが、鳥の巣などが屋根裏などにある場合に家の中に侵入して人を刺すことがあります。このダニもウイルスを媒介し、また、痒みの原因となるので注意が必要です。通常の被害は鳥の子供が巣立ってからが多いので巣立った後に巣を除去するのが望ましいと言えます。

ページの先頭へ

◎ネズミについているダニって?


  • 家ネズミに寄生するダニ類は多種におよびます。トゲダニ、イエダニ、トサツツガムシ、寄生性のツメダニなどが挙げられます。特に一般家屋内でネズミ被害の対象となるダニはイエダニ(体長約0.5~0.7mm)です。イエダニはネズミの血液を吸って生息する寄生ダニですが、やっかいなのは、ネズミが屋根裏や天井裏に巣を作って徘徊すると、落ちたイエダニがネズミに代わる宿主として人にたかることです。吸血されると激しい痒みに襲われます。イエダニを駆除するには、ネズミの駆除もかかせません。特に11月ごろの寒くなる時期に外から家の中にネズミが入ってくるので注意が必要です。

ページの先頭へ

◎ベランダに1ミリくらいの赤いダニが・・これって何?


  • 毎年5~6月ごろになるとコンクリート外壁でよく見かける赤いダニを集団で見かけることがあります。このダニは動きも蟻のようにすばやく、そこらのコンクリート上で見かけられます。このダニはタカラダニというダニで人に対する直接の被害はほとんどないのですが、不快に感じる方が多いようです。ただ、このダニに刺されたという報告もありますが、生態についてあまりわかっていないのが現状です。

ページの先頭へ

◎冬場でもダニはいるの?


  • 気温の低い場所では、ほとんどいなくなります。しかしながら、最近の住宅では気密性が高まり、また、暖房の普及により、ダニが繁殖しやすい環境下にあると言えます。特に北海道などの寒冷地では、24時間暖房している場所では夏場よりダニが増える可能性はあります。また、湿度も冬場は通常は低くダニが繁殖するには適していませんが、石油ストーブや加湿器などを使用することにより、ダニに適した湿度になります。
  • イエニクダニなどは、15℃前後の温度を好み、他のダニ類と比較すれば低い温度で繁殖が可能となります。室内温度が1年中高く保たれる住宅では、ニクダニにとっても好環境となり、調べると11月~3月に多数の個体が見つかる傾向があります。

ページの先頭へ

◎今度、家を建てようと考えてますが、どこを工夫すればダニが発生しにくい家が造れますか?


  • 高気密・高断熱構造の住宅で下記の条件をクリアしている住宅はダニが発生しにくい住宅と言えます。
  • 住宅構造
  • 外断熱構造(室内に結露が生じにくい)
  • 住宅内の温湿度をコントロールできる。
  • 間仕切りの少ない構造(各部屋に温度差ができにくい)
  • 吹き抜けのある構造
  • 二重サッシ(結露が生じにくい)
  • 床下のコンクリート打ち(床下の湿気を減らせる)
  • 換気
  • システム換気(各部屋に温度差を生じにくい)
  • 熱交換型換気扇(室内の温度を変えずに湿度を下げられる)
  • 換気扇(高湿度を排出できる)
  • 冷暖房
  • 床暖房(結露がでない、室内が乾燥する)
  • 冷暖房機(室内が乾燥する)
  • 床材
  • フローリング
  • タイルカーペット
  • 化学畳(一部は除く)
  • 高気密・高断熱の住宅でも窓を開けっぱなしといった状態では、計画換気ができないため、湿度管理ができません。そういった場合は、ダニは一般住宅と同様にダニは繁殖してしまいます(特に湿度の多い夏場は注意)。
  • また、施工業者によってはダニについて詳しく研究されているところもございます。詳しくは、施工業者にお尋ねください。

ページの先頭へ

◎キャンプに行きますが、注意しないといけないダニはなんですか?


  • 特に注意が必要なのは、マダニとツツガムシです。マダニ(体長約3mmで吸血すると5mm以上になる)です。このダニは通常、草むらなどに潜み、人や動物の吐く息に反応して、吸血します。このダニはライム病などの病原体を媒介する可能性もありますので注意が必要です(Q17で説明)。
  • つぎにツツガムシですが、このダニは野ネズミや野生動物に寄生し、幼虫期に人を刺します。人が被害を受けるのは、主に野ネズミや野生動物が生息する森林、河川敷、田畑などです。このダニの恐ろしいのは、噛まれるとツツガムシ病という死亡率の高い病気になる可能性があるということです。最近では、新薬が開発されツツガムシ病も完治する確率が上がっているそうですが注意してください。

ページの先頭へ

◎人を刺すおもな害虫と発生場所を教えてください。


2-8.jpg

ページの先頭へ

◎アレルゲンとよく耳にするけどアレルゲンって ?


  • 簡単に言うと、アレルギー症状を引き起こす原因物質です。人は体内に侵入してきた異物に対し、これを除去しようとする自己防衛本能が働き、異物と特別な反応を示す抗体という物質を作ります。これにより、バイ菌やウィルスにも過敏に反応してしまい、その抗体を作るもとになる原因物質をアレルゲンと言います。

ページの先頭へ

◎自分が何のアレルギーなのか知りたいのですが、アレルゲン(原因物質)は、どうすればわかりますか。




アレルギー検査には大きく分けて2つあります。

 

アレルギー検査
皮膚検査 血液検査
スクラッチテスト プリックテスト ラスト検査

スクラッチテストとブリックステストは基本的には同じテストで皮膚にアレルギーの原因となっているものをつけてその反応をみる検査のことを言います。


ラスト検査は何がアレルギーの原因になっているかを具体的に調べる検査で、血液中のIgE抗体の量をはかる検査です。


上記の検査はお近くの小児科、アレルギー科、皮膚科などで行っております。

詳しい検査内容はお近くの病院にご相談ください。



ページの先頭へ

◎IgE抗体とよく耳にするけど・・?


  • 血液中の免疫グロブリンの1つでタンパク質のことです。病院でアレルギー体質を測定するときによく用いられます。このIgE抗体の数値が高ければアレルギー体質が強いと判断されます。


ページの先頭へ

◎子供がダニアレルギーであると診断されました。家庭内の環境をどのように改善すれば良いですか ?


  • 家庭環境でダニを減らす努力が必要です。具体的には、ダニが住みにくい環境を日頃から作ることが不可欠です。(特に寝具類)  例を挙げますと、ダニは高湿度(60~80%)を好みますので、部屋の換気を良くし、カビなどの発生を防ぐこと。ダニのすみか(ジュウタン、ソファなど)をなくすこと。マメに掃除、洗濯をし、ダニの餌をなくすことと考えます。特に冬場のの結露により、カビが生え、カビを餌にしているダニが増える原因にもなります。ダニアレルギーの原因であるチリダニは湿度50%以下では繁殖するのが難しくなります。換気システムが整っていない家は湿度計などを部屋に置き、除湿機やエアコンなどで調整されることをお勧めします。



ページの先頭へ

◎ダニアレルゲンを回避するポイントを教えてください。

1
掃除をする時は、窓を開放して、ゆっくり丁寧に掃除機をかける(仕事率330~550W・6畳間約6分間/ヘッドを床面に密着させ、真っ直ぐな方向へゆっくりと往復させる)。

2
アレルギー体質の方が掃除した部屋に入る場合は、掃除した後30分後以降にする。

3
掃除する場合は必ず、マスクをすること(ほこりの量は通常の1000倍以上)。

4
3年以上使用した布団1枚には、平均10万匹(死骸も含む)のダニがいます。布団はなるべく、丸洗いしたほうが良いでしょう。
また、高気密繊維で織られた防ダニカバーなどのご使用をお勧めします。

5
通常、ダニアレルゲンは床上に存在するので、掃除機掛け(排気を出さない・外部に出すものが理想)を十分に行い、雑巾による床の掃除を定期的に行うと良いでしょう。雑巾掛けのポイントとして、畳・ジュウタンなどの表面を、ぬるま湯に洗剤を入れたもので良く絞り丁寧に拭いてください。その後、ぬるま湯で洗剤を良く拭き取り乾燥させて下さい。夏シーズンは、2週間に1度程度で快適な住環境になります。

6
ジュウタンやマットレスは、極力使用しない。(畳の上にジュウタンは、絶対に禁止)

7


ホットカーペットやコタツ布団を押入れから出して使用する場合、洗えるタイプのものは使用する前に必ずよく洗うこと。そしてよく乾燥させること。





ページの先頭へ

◎ハウスダストを減らす方法はどうすればいいですか ?


  • 換気をすることと、毎日の掃除など住環境の改善がかかせません。ジュウタンなどは、塵がたまりやすく1回の掃除機だけでは、 いっこうに塵は減りません。時間をかけで念入りに行うことが必要です(汚染度が高いものは100%取り除くことは、不可能です)。取り外しが出来るジュウタンであれば、最低年1回は取り外し、専門業者で丸洗いクリーニングするか、3時間以上の天日干しをし、最後に両面を掃除機で念入りに吸い取って下さい(ブラシで両面を擦り洗いがもっとも効果的)。また、フローリングなどはほこりが舞いやすいので、掃除機をかけたあと1日1回は水拭きされるとよいでしょう。家具内や押し入れなどは、カビが出ない状態(換気・乾燥剤を入れる)にして下さい。(ホコリダニ類はカビが好物)カーテンや寝具類、縫いぐるみは、こまめに洗濯されたほうがよいでしょう。


ページの先頭へ


お客様サポート.png

お客様サポート2.png